• トップページ
  • >   カレス サッポロについて  理事長あいさつ
  •  私たちカレスグループは、「原点から考えなおす保健・医療・福祉 〜地域の皆様と共に創る”愛と信頼の輪”〜」を基本理念とし、札幌市において専門特化型の急性期医療の提供と緩和ケア、在宅医療、回復期リハビリ、介護老人保健施設、地域包括ケア拠点施設カレスプレミアムガーデンなど総合的に保健・医療・福祉サービスを提供する施設を有して「治す」と「支える」を基本に法人運営を行い、救急医療やへき地医療へ積極的に取り組み、国内1番目の社会医療法人の認可を受けることができました。
     そして、医療安全教育について、「安全な環境で失敗を経験させる」をテーマに国内でも有数の規模を誇る多職種対応のクリニカル シミュレーションセンターを設置し、医療職と介護職の安全教育に注力し、質の高い保健・医療・福祉サービスを安全に安心して安定的に提供することが地域医療への貢献であることを法人の社会的使命とし、さらなる医療の質と経営の質向上に努力しております。
     この度、学校法人東日本学園北海道医療大学と社会医療法人 社団 カレス サッポロで地域医療連携推進法人を設立する事を機に、法人理念「原点から考えなおす保健・医療・福祉」に教育を追加し、人材育成への取り組みをさらに強化してまいります。

    理事長 大城 辰美