シミュレーションセンター通信

シミュレーション教育指導者育成セミナー Jump 終了しました。


今年度のシミュレーション教育指導者育成セミナーは、「Jump」をもって終了となりました。

シミュレーション教育指導者育成セミナーでは、シミュレーション教育の基礎を学ぶだけでなく、
施設の中で実施したシナリオを「ブラッシュアップ」する機会として、
実施したシナリオと動画を持ちより、会場全体でディスカッションする場を設けています。
この度も、東京医科大学シミュレーションセンターの阿部幸恵先生にお越しいただき、
たくさんのコメント、貴重なアドバイスをいただくことができました。


当法人からは、リーダーシップ研修で実施したシミュレーションのシナリオを報告しました。
リーダーシップに焦点を当て初めて作成した斬新なシナリオでしたが、
より効果的な学びとなるために~と阿部先生が即席で教育動画を作成してくれたうえ、
会場全体からも、たくさんのご意見・アドバイスをいただくことができました。
ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。





2017.10.19



久しぶりの更新 ~近況報告~


Simセンターがオープンして2年経過し少しずつ実績も増えてきました。
今年の夏は3つの学会で当シミュレーションセンターの活動を紹介しました。

 

 

第21回 日本看護管理学会学術集会In横浜 パシフィコ横浜

平成29年8月19日~20日


学会では介護職のシミュレーション教育をテーマにディスカッションしてきました。

会場にはシミュレーション教育に興味のある85名のみなさんにお集まりいただき、

会場からは「介護職をあえてシミュレーションで教育する意義はあるか、成果はあるのか、机上での学びではダメなのか」

という質問がありました。

『規模が違えば介護職の役割や業務形態は違ってくるため一概には言えないがシミュレーションで得た

「自分たちにもできる」という実感は介護職の自己効力感や自尊心を向上させることなる。

それがただ依頼された業務をこなすという思いから、チームへの一員としての自覚、仕事への意欲につながっているのでは~』

とお答えしました。

この度の学会では、看護教育に対する自身の意識や考え方など客観的に見るよい機会となりました。

 


第59回 全日本病院学会In石川

平成29年9月9日~10日  ホテル日航金沢


時計台記念病院の感染対策院内研修の実施成果を

「全職員を対象とした、症例基盤型シミュレーション教育による感染対策研修の実践報告」

として発表するにあたり共同演者として参加しました。
感染対策研修を職員各々の業務に直結するよう、

部門毎に日常的に展開される業務背景を基にシナリオ化し、

全職員407名中305名が受講したことに対して会場からいくつか質問を得ることができました。

感染教育においては現場での行動変容に向けて教育方法を検討しているとのことであり、

その中で症例基盤型シミュレーションは興味深く、特に全職員を巻き込んでの企画運営は

どのようにしていったのかなどの質問がありました。
研修企画を進めていくうえでの工夫、多職種の協力を得るまでのプロセスなどの話をお伝えしました。

 



兼六園の立派な松。滞在時間5分でしたが、良いお天気でした。



第5回 日本シミュレーション医療教育学会学術大会In東京

平成29年9月23日 東京医科大学病院 教育研究棟


教育企画 「新設シミュレーションセンターの紹介と新たなトレーニングの試みの紹介」で

東北・北海道地域 北代表として当センターを紹介させていただきました。
南代表は 福岡女学院看護大学 看護シミュレーション教育センター I-sim(アイシム)のセンター長 藤野ユリ子先生でした。

I-simは昨年9月にオープンしたハイテク機器を備えたセンターです。
藤野先生からは様々な運営上の問題に関して当センターの活動や状況を参考にさせてもらっていると言葉をいただきました。
この度外部への紹介をするうえで、改めてセンターのもつテーマ、独自性について考える機会になりました。

札幌市の中心部にある当センターはシミュレーション教育を通して看護・介護・コメディカルを中心とした

医療の質向上を意図し、それを展開できる教育の場として、

札幌だけでなく道内地方も含めて発信してさらに今後はどんどん現場へ出向き、

「in-Situ(臨床現場での)シミュレーション」を展開していきたいと考えています。

 


教育企画の会場は東京医科大学病院の教育棟200名収容の大教室は立ち見の方もいました。

 

阿部先生作成のエントランスの飾り。すすきは近くで採ってきたもの。お団子も手作り。


2017.10.11



第2回シミュレーション教育指導者 育成セミナーのご案内



シミュレーション教育指導者 育成セミナーを当センターにて開催致します。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。


内 容

シミュレーション教育指導者 育成セミナー 「Hop」「Step」「Jump」

Hop :シミュレーションの基本  平成29年 04月15日(土)

Step:シナリオ作成       平成29年 05月13日(土)~ 14日(日)

Jump:ブラッシュアップ     平成29年10月0 8日(日)~  09日(祝)


講 師

東京医科大学病院 シミュレーションセンター

センター長・教授 阿部 幸恵 先生


受講対象者

◆Hop・Step
シミュレーション教育を実施している、実施予定の施設・教育担当

(今後実施予定の施設はHop・Stepの両方と復数名での参加をお勧めしています。)


◆Jump
シミュレーションを実施している施設内指導者 

(施設内で効果的に実践するために複数名(1施設2名)での参加をお勧めします。)


応募人数

Hop・Step 【各50名】
jump 【15施設(1施設3名まで参加可)】


受講料

Hop …5,000円 (税込)/名

Step…20,000円(税込)/名

Jump…20,000円(税込)/施設(複数での参加をお勧めしています。)


申込方法

申込用紙を使用し、FAXにてお送りください。受講決定後通知を致します。

応募多数の場合は、抽選となりますのでご了承ください。





お問合せ

セミナー担当・連絡先  クリニカル シミュレーションセンター 岡山 深雪
TEL:011-218-3337 FAX:011-218-3338

〒060-0031 札幌市 中央区北1 条東1 丁目2 番5 号 カレスサッポロビル7F



2017.01.26



新人看護職員技術演習  ~複数患者の検温~


平成28年6月28日新人看護職員技術演習として、複数患者の検温について、シミュレーションを行いました。

 

「検温の技術??」「体温計を脇に挟んでもらうのに、技術なんて必要?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

このシミュレーション教育の中で求めている検温は、単に熱を測るだけではありません。

患者さんに合わせ、優先度を考えた検温とはいかにあるべきか、

患者さんが今どういう状況なのか病態・治療方針等を理解したうえで、

目的をもって検温(観察)することの重要性などを踏まえ、検温という行為を通して看護を考えることにつなげていきます。

 

シミュレーションを終えて、全体共有の場では「検温だから~と何も考えず測っていたことに気づいた」

「検温はルーチンワークではない・・・」「患者さん個々にその優先順位がある」などの意見が聞かれ、

多くの気づきを得ることができた様子でした。

 

また、終了後のアンケートでは、全員が「現場で役立てることができる」と答えていました。

「患者さんには今、どんな症状があり、何を観察するべきか?を整理しながら、どんな看護ができるのか考えていきたい」

「データだけを見るのではなく患者さんの表情がいつもと違うな、という五感を使いながら情報を得ることの大切さ、

それらの情報を流さず、病態のアセスメントにつなげていきたい」と、今後への意欲を示していました。

 

シミュレーションでは普段の患者さんへの関わりを垣間見ることができます。

患者さんへの声掛け、気配り等個々の傾向も含め、ちょっとした場面での、さりげなく光るやさしい言葉かけや配慮などなど。

デブリーフィングの中で「よかったところ」をグループメンバーからフィードバックされることで、

自分の強みに気づき、それが小さな自信につながっていくように感じています。

 

今後も新人看護職員技術演習は続きますが、様々なシミュレーションを通して、

「看護」を考え振り返る機会となるよう、サポートしていきます。

技術演習の様子




2016.08.05



シミュレーション教育指導者育成セミナー STEP1 報告 ②


1日目のセミナー終了後、希望者のみで茶話会『まてなへあ』を開催しました。

阿部先生は、シミュレーション教育の他、『まてなへあ』という寺子屋で看護を語る取り組みをしています。
『まてなへあ』というのは、マザーテレサ、寺本松野、ナイチンゲール、ヘンダーソン、阿部幸恵先生の頭の一文字をつなげたものです。
茶話会には、受講生から6名、これだけは参加したいと市外から駆け付けた4名の方たちが参加されました。

初めにDVDを視聴し、ディスカッションをしました。
患者に対して、医師との見解の違いがあった場合、看護師として患者の思いを伝えていけるか、
患者をはさみ看護師、医師の関係について考えることができるテーマで、看護の原点にもどり考えることができるものでした。

後半は、パトリシア・ベナーの「新訳版に寄せて」とい資料を全員で音読しました。
その中で、印象に残った一文を紹介します。
「優れた実践は、経験による学習に依存しています。経験から学ぶ、ということは、実際の臨床の場では、予期しなかった反応や、
過失、期待に応えられない体験もあることを示唆しています。技能の優秀さは、完璧な業務や過失が全くないことを意味しません。」

若い看護師たちの「予期しなかった反応、過失、期待に応えられない体験」をつらい、忘れてしまいたい体験にさせるか、
学習に繋げる体験とさせるかは、その場での振り返り(デブリーフィング)が重要だと阿部先生は話されていました。
デブリーフィングはシミュレーションの場面だけのものではなく、むしろ現場でしていくことが重要であると。

シミュレーション教育においても、現場においてもこの「相手が気づき、学びとして実感できる振り返り=問いを投げかける」
~これがなかなか難しいのですけれど・・。
このあとのSTEP2・3で、学んでいければと思います。




2016.05.17



シミュレーション教育指導者育成セミナー STEP1 報告 ①

 

平成28年4月9日、10日のシミュレーション教育指導者育成セミナーSTEP1が終了しました。
多数のご参加をいただき誠にありがとうございました。


このセミナーは、看護師の臨床実践力を向上させるための教育手法としての、

シミュレーション教育を展開できる指導者を育成することを目的に行われ、全道から定員を上まわる41名の参加がありました。


講師には、東京医科大病院シミュレーションセンターの阿部幸恵センター長(教授・看護師)をお招きし、

シミュレーション教育の基本(講義・演習)を学びました。


講義と学習者体験を実施し、後半は各グループでテキストのシナリオを再構成しシミュレーションを実施するという内容でした。

グループワークではブリーフィングルームから各自机と椅子を移動させ、センター全体にグループが散らばりました。

同時に先生もグループ間を飛び回りアクティブな場となりました。


グループワークの様子


⇒②へ続く。

 

 

2016.04.28

 

 

シミュレーション教育指導者 育成セミナーのご案内

 


シミュレーション教育指導者 育成セミナーを当センターにて開催致します。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

内 容

シミュレーション教育指導者 育成セミナー STEP1▶︎2▶︎3

STEP1 知っておきたい指導の基本

STEP2 効果的なシナリオつくり

STEP3 デブリーフィングのスキルアップ

 

講 師

東京医科大学病院 シミュレーションセンター

センター長・教授 阿部 幸恵 先生

 

受講対象者

STEP1~3 まで全て受講でき、かつ、シミュレーション教育を組織的に導入している、

今後 導入を予定している教育担当者。

施設内で効果的に実践するために複数名(1施設2名)での参加をお勧めします。

 

応募人数

40名

 

受講料

STEP1~3 全ての受講料 = 1 名 40,000 円 (税込)

2 名で申し込みの場合=2 名 70,000 円 (税込)


申込方法

申込用紙を使用し、FAXにてお送りください。受講決定後通知を致します。

応募多数の場合は、抽選となりますのでご了承ください。


お問合せ

セミナー担当・連絡先  クリニカル シミュレーションセンター 岡山 深雪
TEL:011-218-3337 FAX:011-218-3338

〒060-0031 札幌市 中央区北1 条東1 丁目2 番5 号 カレスサッポロビル7F